• 山次製紙所についてABOUT US

  • 最先端の和紙製紙所。

    1500年前と変わらず
    同じ原料、同じ道具で
    新たな和紙を作り続ける。

    現代の技術と合わせたり
    新たな技法を生み出したり

    かつてとは違う価値観を持って
    「もう古い」ではなく
    「新しい」と思ってもらえるように。
    もっと身近に触れる素材であるように。

    製紙所の役割は
    そういうものだと信じて。
  • 伝統工芸士 山下寛也

  • 伝統工芸士 山下寛也
    失いゆく需要
    古くなっていく道具たち
    それでも
    継ぐという選択をした。

    それは先祖への敬意であり
    伝統を背負う覚悟であり
    なによりも
    絶やしたくないという意志があったから。


    和紙を漉く時は下を向きっぱなしだから
    せめていつも明るく笑っていよう。
    そう決めたのも、確かその頃だった。

    「伝統工芸」という肩書きがつき
    敷居が上がってしまった和紙を
    今の時代の「あたりまえ」にしたい。

    僕の挑戦と願い。


    そして今日も変わらず
    和紙を漉き続ける。
  • 越前和紙について

  • 越前和紙とは
    福井県越前市。
    はるか昔、1500年前からの和紙の産地。

    きれいな川が流れるこの今立地区では
    神様によって紙漉きの技術が伝えられたのだという。

    いくつもの和紙工房が軒を連ね
    それぞれの得意技を生かす。
    大きさ、質感、模様に合わせて
    原料、漉く方法を変える。

    こうして生まれる和紙は
    丈夫で、強く、しなやかで
    水と繊維と技術の調和を奏でている。


    神様に与えられた技術は
    今もこうして生きている。