ABOUT

山次製紙所は明治元年創業、越前和紙の手漉き美術小間紙の製作所です。 創業時は奉書等無地物を製造していましたが、1950年ごろより「引っ掛け」「漉き合わせ」「流し込み」等の模様小間紙の製造を主にするようになりました。現在も多様柄模様が特徴的な和紙を漉いています。近年は種々の特殊模様紙や連続紙も生産可能となり、クライアントからの様々なオーダーに応えています。

series(シリーズ)は、手漉き越前和紙のメーカーである山次製紙所が、日本の生活に馴染んでいた和紙が洋紙に置き換わる中で、洋紙だけでなく和紙にも「多様な用途」を持たせ、和紙の可能性を模索していきたいと考え立ち上げたブランドです。
 

FILM